経営・会計の勉強1000人が受講!公認会計士が教えるMG研修!
京都のコッカラマネジメント

純利益率100%超えってすごい?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

今日の日経新聞に

こんな見出しの記事がありました。

 

上場企業の純利益率

首位はオリンパス

構造改革で利益

 

 

まず、見出しの

純利益

意味あるか?

ってツッコミたくなる(笑)

 

 

オリンパス以外の会社のことも

書いてありましたが

オリンパスについては

こんなことが書いてありました。

 

オリンパスは主力の内視鏡など
本業のもうけは振るわなかったが、
生物顕微鏡などを手掛ける
祖業の科学事業の売却益
約2200億円によって
純利益率は100%を超えた。
事業の選択と集中で利益率を改善。

 

 

純利益率は100%を超えたって

聞いたら

すげー!って思う人が

いるかもしれない。

 

 

でも、MGをやって

MQ会計に関する書籍や

西順一郎先生の著書を

読んだ人なら

ぜんぜんすごくないし

そもそも純利益率は意味ないでしょ

と冷めた目で見るでしょう。

 

 

まず、純利益率の出し方は

純利益÷売上高×100

 

 

売上高の何%が

純利益として残ったか?

というのが分かる指標だけど

ただそれだけです。

 

 

これを使って

良し悪しが分かるとか

改善に役立つとか

ありません。

 

 

むしろ

変な誤解を与えます。

 

 

今回のオリンパスがいい例です。

純利益率が100%を超えている。

 

 

これって

何かおかしいと思いませんか?

 

 

売上よりも大きな利益が残るって

あり得ますか?

 

 

 

 

普通、ないです。

 

 

売上から原価や諸経費を

差し引いた残りが利益なので

どうやったって

利益が売上よりも

大きくならないはずです。

 

 

それなのに

100%を超えるってことは

何か特殊な事情があった

ということです。

 

 

祖業の科学事業の売却益

約2200億円

って書いてありますよね。

 

 

本来の売上とは違う事業売却で

大きな利益が出ているんです。

 

 

こういう特殊事情を含んだ利益を

売上高で割って出す純利益率って

出す意味あるのかしら???

 

 

それで前年は68位だったけど

今年はランキング1位!

利益性が改善されたって

言われてもねぇ…

 

 

オリンパスが

悪いわけじゃないですよ。

 

 

この記事を書いてる人が

なんか違うんじゃないの?

ってことです。

 

 

ちなみに

オリンパスの決算単信を見て

P/LをMQ会計の図にすると

こうなりました。

単位は億円です。

 

 

 

 

記事では

本業のもうけは振るわなかった

と書いてありました。

どう思います?

 

 

そして

キャッシュフロー計算書を見ると

営業CFがマイナス

投資CFがプラス

財務CFがマイナス

 

 

これって

キャッシュフローの8パターンでは

廃業清算型なんですよねぇ冷や汗 (顔)

 

 

オリンパスは廃業清算しないですが

この第一四半期はちょっと

しんどかったってことでしょう。

 

 

だから事業売却して

体質強化して

今後の収益性を

高めようとしてるんですね。

 

 

新聞記事をそのまま

鵜呑みにするんじゃなくて

自分で情報取りに行って

考えてみるのは面白いですね!

 

 

そのためには正しい知識を

持ちましょう!

 

 

 

 

コッカラMGの開催情報

お申し込みはコチラから!
https://kokkara.plus/seminar

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 コッカラマネジメント合同会社
営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日 土・日・祝日

中小零細企業 赤字脱出の救世主

名前 小笠 信弥
職業 公認会計士
住まい 京都市
出身 京都府

Profile

公認会計士として監査法人に約10年間勤務。

リーマンショック後に中小企業の事業再生業務に就き、中小零細企業やその経営者の現状を知る。

経営戦略や会計の知識がないと、頑張っても報われない間違った努力になると痛切に感じる。

苦しんでいる中小零細企業やその経営者の力になりたいと模索している時、MGと出会う。

西順一郎先生に師事し、MGを学ぶ。

京都市を中心にMG研修(コッカラMG)を開催しています。
コッカラMGに参加したい方、社内研修にMGを導入したい方は、お問合せください。

☆理念
「MGを通じて強靭な会社を経営者と共に創り、日本経済を元気にする!」

人気記事(月間)

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss